よもぎ蒸し 痩せました

よもぎ蒸し 痩せました

よもぎ蒸し痩せましたというネットの情報をたまに見かけます。ですが本当によもぎ蒸しだけで4キロとか7キロも痩せるのでしょうか?

何件ものよもぎ蒸しで痩せましたという報告を観ているうちにある一定の法則が分かったのです。

よもぎ蒸しで痩せましたはウソ?

結論から先に言いましょう。

よもぎ蒸しだけではダイエット効果は期待するほどは無い

と言えるでしょう。(”だけでは”が赤字になっている理由は後ほどわかります)

グーグルやヤフー検索で「よもぎ蒸し 痩せました」で検索すると何件か報告が出てきます。

しかしすでにお気づきかもしれませが、個人ブログなどで痩せたという報告をしている人はいません。

「よもぎ蒸しで1ケ月で4キロ痩せたお客様
「7キロ痩せたお客様の声」

といったように店舗営業をしているサロンが「そういうお客さんがいましたよ」と、あたかもよもぎ蒸しをすればものすごいダイエット効果があるかのような話をしているのに過ぎません。

「ダイエット効果がすごいからお店に来てね」

という図式です。

「黄土よもぎ蒸しでダイエット成功を目指す東京、〇〇のサロン」

なんてモロにダイエットをしたい人を引き込もうとしている魂胆が見え見えです。

「よもぎ蒸しで痩せました」というウェブサイトを観る時は、どこかのサロンのブログなのか、個人ブログなのかの見極めが肝心です。

よもぎ蒸しにダイエット効果は無い?

これも結論から先に言うと

よもぎ蒸しにダイエット効果は少なからずはある

と言えるでしょう。

といってもよもぎ蒸しを続けることにより、痩せやすく太りにくい体質になるという程度にすぎません。

よもぎ蒸しを続けることで体の新陳代謝がUPし、体内の老廃物が効果的に排出されます。

代謝が上がるとカロリーが消費されやすくなるため、太りにくい体になります。

痩せやすい体になる3つのポイントがあります。

  • 新陳代謝が上がる
  • デトックス効果により老廃物が排出
  • 1回のよもぎ蒸しで40分間のジョギングと同等のカロリーが消費

これらのことからよもぎ蒸しにはダイエット効果が少なからずありますが、過度の期待は禁物です。

よもぎ蒸しをやるだけで5kg痩せた7kg痩せたというような話は幻想です。

ただ座っていればそれだけ痩せられると思わせるためのよもぎ蒸しサロンの陰謀とも言えます。

よもぎ蒸しでダイエット効果を加速させる方法

上で説明したようによもぎ蒸しを行うことで体の新陳代謝がアップします。

体の新陳代謝がアップし、脂肪が燃えやすい体質になる上に、よもぎに含まれるクロロフィルには血流を良くする効果もあります。

せっかく体がこのような状態になっているのに普段と同じ生活を送っていては勿体ない。

まずはウォーキングなどの軽い運動でもよいので、適度に軽い運動をすることで体内の脂肪が燃えやすくなりダイエット効果を飛躍的にUPさせることができます。

最初に話した「よもぎ蒸しだけではダイエット効果は期待するほどは無い」の”だけでは”の理由はこのことです。

よもぎ蒸しでダイエット効果を持続させるためには?

よもぎ蒸しは週2~3回程度行うことで効果を得やすく、続けることにより体質を変えていくことができます。

できれば毎日でも行いたいところですが、よもぎ蒸しサロンは1回あたり3,000円ほど掛かってしまいますね。

週3回でも月に直すと4万円近くかかってしまうので現実的ではありません。

そこで提案なのが、家庭内でよもぎ蒸しを行うということ。

家庭用のよもぎ蒸しセットを一旦購入してしまえば、1回あたりわずか400円で済みます。

毎日続けても12,000円しか掛かりません。

  • 1回3,000円のサロン⇒毎日通うと月90,000円
  • 家庭用のよもぎ蒸しセット⇒毎日行っても月12,000円

ね?この差はかなり大きいですね。

ダイエット効果を最大限に得るためにも家庭内でのよもぎ蒸しをおすすめします。

よもぎ蒸し家庭用おススメのセット

結論から申し上げますと、「温活よもぎ家」の40点セットが最もコスパが良い=長持ちするセットだということが分かりました。

家庭用よもぎ蒸し座浴器の詳細情報
家庭でできるよもぎ蒸し40点セットを確認する

ちなみに有名な韓国の「フ●ンジン」で道具を揃えると幾らくらいかかるのかも最後に比較しています。

次の項目から、家庭用よもぎ蒸しの各道具はどのようなものを選べばよいか説明します。

座浴器の選び方

よもぎ蒸し木製座浴器

家庭で行う際に最も気を使いたいのが座浴器です。

人間の体重を支えつつ、その下で電気コンロでよもぎの葉などを蒸すので、熱や蒸気にも強くないといけません。

座浴器を安く済ませようとすると、木製の物(1万円前後)になりますが、初心者が初めてよもぎ蒸しを行おうとすると真っ先に安物の木製座浴器を選びがちです。

ですが正直を言うと木製の座浴器は一番おススメできません。

サロンで経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、木製の座浴器は最も黒カビが生えやすい素材と言えます。

ひどいサロンになると黒カビだらけでカビ臭く、もう二度とあんなサロンに行きたくないという人も多いと思います。

木製座浴器は湿気、汗などカビにとって好都合の条件が揃っているので、下手をすると1回よもぎ蒸しを行っただけでも黒カビが生えだしたりします。

さらに湿気を吸って木が腐りやすくなっているので、何度も使っているうちに脆くなり、やがて椅子としての機能を果たせなくなってしまいます。

サロンのように頑丈に作られた椅子とは違い、せいぜい1万円程度の木製座浴器がそんなに頑丈だとは思えませんね?

家庭用よもぎ蒸し黄土製座浴器

次におススメできないのが黄土製の座浴器です。

え?黄土製こそ醍醐味では?と思う方も多いかと思いますが、意外にもおススメできない物なのです。

黄土は熱を加えると遠赤外線を放出する、浄化作用、殺菌作用があるという名目で販売されている黄土製の座浴器は10万円を超える物もあります。

すべての黄土製座浴器がダメだというわけではありませんが、販売元のうたい文句だけを信じて購入してしまうととんでもない目に合う可能性があります。

木製座浴器と同じように黄土製の座浴器も湿気、人間から出る汗や老廃物を吸収してしまいます。

木製座浴器ほど脆くはないので、壊れるということはありませんが、何度も使ううちにしみ込んだ汗や老廃物はやがて雑菌の温床となります。

木製座浴器に比べれば黒カビも生えづらいですが、全く生えないとも言い切れません。

ある黄土製座浴器で有名な「フ●ンジン」の座浴器を使っているサロンでは「カビの発生が抑えられます」という表現が使われていました。

「カビが生えません」ではなく、「カビが抑えられます」です。

ということは少なからずカビが生えると覚悟して使った方が良いでしょう。

家庭用よもぎ蒸し陶器製座浴器

座浴器で一番のおススメは日本の「陶器製」です。

陶器は表面が釉薬でコーティングされているので、蒸気、汗、老廃物がしみ込むということがありません。

ということは黒カビの原因であるカビの胞子や、蒸気、汗、老廃物のよる雑菌の繁殖も起こらないということ。

表面がツルツルなので、よもぎ蒸しが終わった後にサッとひと拭きで奇麗になるということで人気があります。

国産の家庭用よもぎ蒸し陶器製座浴器と壺

コンロの選び方

家庭用よもぎ蒸しよもぎ蒸しコンロ

コンロを選ぶ際に気を付けるポイントは2点。

1.温度調節ができるコンロを選ぶ

2.日本製のコンロを選ぶ

1.の温度調節は大体ついているので当たり前と言えます。

よもぎ蒸しを行っている間に温度調節ができないようでは全く楽しめないですからね。

2.の日本製のコンロを使うというのは意外と知られていないかも。

というのも韓国製のコンロを使ったことがある人の口コミを見ると、やたらと故障するという話が多い。

韓国製コンロの場合、温度調節の強弱が全く機能しないという製品が多いようです。

そのくせなぜか2万円もするコンロが多いのも特徴。

たかが電気コンロなのになぜ2万円もするのか?

よもぎ蒸し用ではないにしても、例えば東芝製の電気コンロなどは2千円程度で購入できます。

そう考えると、韓国製の2万円もするよもぎ蒸し用コンロはもはや「ボッタクリ価格」と言ってもよいでしょう。

コストパフォーマンス的に優れた日本製コンロを選んだ方が無難といえます。

家庭用よもぎ蒸しよもぎ蒸しコンロ

↑こちらのよもぎ蒸しセットは日本製コンロがセットになっています

マントの選び方

家庭用よもぎ蒸しよもぎ蒸し用マント

マントの選び方にもいくつかのポイントがあります。

1.厚手&薄手両方持っておく

2.フード付き

3.袖なし

4.腕が出せる

色々な口コミを集約してみると、大体この4点に絞られました。

1.は厚手と薄手両方持っておけば、季節に応じて厚手と薄手を使い分け、一年中よもぎ蒸しを堪能することができます。

薄手の場合折角よもぎを蒸したところで熱が逃げてしまうので夏場向けと言えるでしょう。

2.はフード付きなら頭~顔にかけてもよもぎ蒸しの効果を得ることができます。熱くなればフードを脱げばよいだけです。

3.袖があるタイプより無いタイプの方が腕に対してよもぎ蒸しの効果が得られやすいでしょう。

4.袖が無い分、熱いときに腕が出せるように切込みが入っている方が温度調節が容易となります。

家庭用よもぎ蒸しよもぎ蒸しマント

↑こちらのセットは厚手と薄手のマントがセットになっています。

家庭用よもぎ蒸しのよもぎは国産が安心

家庭用よもぎ蒸し用国産よもぎ

蒸す際に使うよもぎの品質にもこだわりたいところ。

ひどい場合、生産地などがわからない劣悪なよもぎが使われていることがあります。

韓国産よもぎなどは値段も安いですが、外国が産地のよもぎは農薬などの基準が国内産のものとは異なるため、正直安心ができないとも言えます。

韓国産よもぎがダメとは言いませんが、できるだけ国産よもぎをおすすめします。

家庭用よもぎ蒸し用沖縄産よもぎ

↑沖縄産よもぎと十種の和漢のよもぎ

よもぎ蒸しを家庭で行うメリット・デメリット

家庭用よもぎ蒸しメリットとデメリット

よもぎ蒸しを家庭で使うメリットとデメリットを整理しました。

家庭よもぎ蒸しのメリット
●1回400円程度しか掛からない。
●サロンに通う必要が無くなる。
●サロンへ行く時間、交通費が不要。
●サロンに行く場合のメイクやおしゃれなどの時間が不要。
●好きな時間によもぎ蒸しができる。(仕事などで遅くなってもよもぎ蒸しができる)
●すぐにお風呂に入ったり寝たりできる幸せを味わえる。(サロンだと帰る際に体が冷えてしまう)
●座浴器やマント、よもぎなど自分のこだわりが出せる。

家庭よもぎ蒸しのデメリット
●自ら準備が必要。
●後始末が必要。
●よもぎを定期的に購入。
●座浴器などを置くスペースが必要。
●サロンで受けられるマッサージやカウンセリング、アドバイスなどが受けられない。

一見デメリットと思えることも、裏を返せば「自分でほとんどのことが管理できる」とも言えるので、よもぎ蒸しを極めたいという人は家庭でよもぎ蒸しをすることをお勧めします。

よもぎ蒸しを極めてしまえば、自分でよもぎ蒸しサロンを開業するということもできます。

家庭でよもぎ蒸しができる

温活よもぎ家の家庭用よもぎ蒸し購入者の声

家庭用よもぎ蒸し口コミ

実際に温活よもぎ家のセットを購入された方々の声を集めました。

家庭用よもぎ蒸し温活よもぎ家コンロに関する口コミ

●以前使用していた韓国製のコンロよりも温度を上げても壊れないので気に入っています。韓国製コンロは値段が高かった割に全く使えませんでした。汗が流れても掃除がしやすいのも高評価。セットで買ったので、座浴器のサイズともピッタリででした。(コンロに関して40代女性による口コミ)

●強弱の切替もスムーズ。以前使っていた韓国製のものは強弱が作動しないで熱かったり冷たかったりということがありましたが、やはり日本製のコンロは品質が良いですね。(コンロに関して50代女性による口コミ)

●韓国でよもぎ蒸しを体験し、家庭でよもぎ蒸しができないか道具を探したところ、韓国製が多かった中で日本の電機メーカーが設計しているということだったので購入しました。安全性を重視して購入して良かったと思います。(コンロに関して50代女性による口コミ)

●温活よもぎ家のコンロは日本の家電メーカーと共同開発ということで信頼できると思い購入しました。やはりメイドインジャパンは良いですね。作りがしっかりしていて長持ちしそうなので今後に期待できます。(コンロに関して30代女性による口コミ)

家庭用よもぎ蒸し温活よもぎ家座浴器に関する口コミ

●よもぎ蒸しを家庭でやろうと色々調べたところ、木製や黄土の座浴器は雑菌が繁殖しやすいという情報があり、何かよい座浴器がないか探していたら日本の陶器製座浴器なら雑菌などが繁殖しないとのことだったので、購入。お手入れも簡単なので買ってよかったと満足しています。(座浴器に関して50代女性による口コミ)

家庭用よもぎ蒸し温活よもぎ家よもぎパックに関する口コミ

●よもぎが小分けになっている物を探していました。こちらは小分けになっているので虫が付きづらく安心できます。国産のよもぎなのでそれも安心材料。(よもぎパックに関して30代女性による口コミ)

家庭用よもぎ蒸し温活よもぎ家厚手マントに関する口コミ

●フードがあると頭や顔も汗をかけるので良いですね。通っていたサロンにはフードが無かったので、フード付きのマントがこれほど良いものかと感動しています。薄手だと汗がかけない時もあるので、厚手と薄手両方持っておくことをおススメします。(マントに関する50代女性による口コミ)

●以前購入したローブは薄手すぎる為か、微妙に温度不足を感じていました。今回厚手の物を探して、温活よもぎ家のマントが評判が良かったので購入してみましたが、使い心地は断然に良くかなり温るようになりました。フード付きなのも◎(マントに関する40代男性による口コミ)

●厚めの生地でなかなか良いです。最初は要らないと思っていたのですが、腕を出せる切込みがあり、熱くなったときは切込みから腕を出して温度調整ができるので便利。切込みはあって正解。薄手のマントは夏の暑い日に重宝しています。(マントに関する30代女性による口コミ)

●サロンで比べた中ではやはりフード付きの方が効果的と思っていたので温活よもぎ家のセットを購入しました。厚手と言う程厚手とは思いませんがいい感じです。セット購入でうれしかったのは厚手のマントと薄手のマントがともに2枚ずつなので、1つを洗濯している間にもう一つが使えるということで、毎日よもぎ蒸しを楽しんでいます。(マントに関する50代女性による口コミ)

口コミが高い家庭用よもぎ蒸しセット

温活よもぎ家とフ●ンジン製よもぎ蒸し道具比較

よもぎ蒸し関連の製品を販売している韓国『フ●ンジン製』と『温活よもぎ家製』で同程度の道具を揃えた場合幾らくらいかかるのか比較しました。

温活よもぎ家 バラ購入
(楽天)
セット購入 フ●ンジン製 バラ購入
(楽天)
セット購入
(楽天)
国産陶器製座浴器 66,000 1つ 黄土製座浴器 110,000  
国産陶器製壺 11,000 1つ ゲルマニウム壺 38,500  
厚手マント
(フード付き)
7,480 2着 厚手ガウン
(フードなし)
16,500  
薄手マント 4,400 2着 やや厚手マント 12,100  
国産コンロ 4,400 1つ コンロ 22,000  
座浴器クッション 5,500 2枚 座浴器座布団 4,400  
台座
(遮熱ボード)
11,000 1つ 台座(木製) 11,000  
よもぎパック
30袋(450g)
13,200 よもぎパック
30袋(450g)
オリエンタル
ドライハーブ21袋
11,000  
合計 122,980円 108,944円 合計 225,500円 352,000~
165,000円

共に楽天での販売価格を参考にしています。

温活よもぎ家は下記リンクから購入できるセット内容を楽天でバラで購入した場合を表しています。

フ●ンジン製の物は同程度の物を購入した場合を表しています。

フ●ンジン製のセットは内容により価格が違います。

よもぎ蒸しは韓国の文化だから絶対に韓国のフ●ンジン製を選びたいという人は以下のリンクから楽天で確認してみてください。

韓国製より日本製の方が安心して使えるという人は温活よもぎ家のセットをおススメします。

フ●ンジン製のセットを楽天で確認する

温活よもぎ家のセット販売を確認する

タイトルとURLをコピーしました